昨今の中国に絡む事件に胸を痛めています。
餃子問題、チベット問題、ガス田問題、黄砂~光化学スモッグ問題・・・
身の回りでも不愉快な出来事がありました。
自宅前舗装中止問題、○防60周年記念式典開催までのドタバタ、
子どもの通う保育園送迎時の駐車マナー問題・・・
共通するのは、「自分さえ良ければ」(中華思想?)的思考に基づく
行動の結果ではないかと思ってしまいます。
自分も含めた世の中が、もっと他人を思いやり、感謝の心を
持てるようになったら良いのに、と思います。
顧みて自分の中の「自分さえ良ければ」を戒めて行かねばと強く思います。
blog_import_50d007883b8c1
(2007/3/22追記)
日中記者交換協定(1964,68)があり、中国に不利な報道は出来ないとのこと、
もはや日本のマスコミは信用しません。
お天道様は見ています。
中国発の このニュース、
http://news.ameba.jp/internews/2008/03/12120.html
軍事衛星から見た虐殺死亡者をこのような言い訳で逃れようなんて
どうにも許せません。
日本政府、2国の大使に抗議のFAXを送りました。
五輪スポンサー企業の不買運動に賛同します。
http://www.joc.or.jp/aboutjoc/sponsor/index.html
(とは言え、完全な協賛企業不買、完全なチャイナフリーでは
生活出来ず、出来る範囲で、でしかやれないのですが・・・)
他に何か、自分にも出来ることが無いでしょうか。

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ