私の認識が甘かった。商品ページに譜面の一部を
写真データとして載せていましたら、
○○スラッ○調査部様から、メールでご指摘頂き、
「版面を判別出来る写真やpdfは印刷不可設定をしないと
許諾(著作権使用料の支払い)が必要です」
→印刷不可設定をしても、デスクトップ印刷すれば
印刷出来てしまう。写真を十分小さく・解像度を低く
すれば、印刷しても楽譜の用を成さないので
そちらの方が権利を侵害しにくいのでは?
「音符が五線のどこにあるのか分からない程度なら
楽譜とは言えないが、誤解の無いよう、十分小さくすべき」
→全部の写真を縮小
「音符が判別出来ますので、手続きが必要です」
→音符を全て消す
blog_import_50d0088df3656 とか
blog_import_50d0088f09624 に変更
「これなら許諾は必要ありませんが、
今までの分は払って下さい」
→きちんと分配されるのでしょうか。
使用量が少なくても、月額最低料金で切り上げられて
しまいますが、そのお金はどうなるの?
「規約に則って、使用した楽曲の権利者に分配されます」
→金額によっては、一度には払えませんが…..
「分割払いも可能です」
—-
これから報告をまとめます。
膨大な作業になる予感。
J○○RA○様、見解の相違というか、
私の認識が甘かった分、払いますけど、
これって音楽の振興を妨げてませんか。

hanaokaMF

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ