SSx+Pf版で許諾を取っていますが、
あるお客様からのご希望で、アルトリコーダー+ピアノで演奏出来るよう、
調性と音域の検討を行いました。
blog_import_50d0078c8178d
当初、原曲よりも短三度上げてD Dur→F Durとしてみましたが、高いFisの音が面倒で、
一部メロディの音程を換えたのですが、やはり、メロディは換えたくないと
原曲より半音上げた
C Dur→Es Durとして改訂しました。
blog_import_50d0078d63cd5
一長一短があるようで、どちらがおすすめ、とは断定出来ませんが、「頑張れば」
アルト笛でも風笛が吹けそうです。
SSx版(1,575円・送料別)をお買い上げ頂いた上で、若干の費用負担を下されば
アルト笛(D版またはC版または両方)をお付けします。
本サイトのメッセージまたは、当方HPhanaokaMF内の

「問い合わせ」などから連絡下されば対応します。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ